震災の記憶~3.11東日本大震災から11年

2011年3月11日 14時46分

 

宮城県三陸沖で発生した地震は

 

多くの犠牲者を出す未曾有の大災害となりました

 

 

発生の瞬間 偶然TVを見ていた私は

事の重大さになかなか気づく事が出来ないほど

まさに青天の霹靂とも言える出来事でした

 

来月で震災から11年

被災地では今でも復興に向けての作業が進んでいます

 

被災地のひとつ

宮城県女川(おながわ)町

駅前に建てられている石碑には

現地で復興作業に携わった人たちへ感謝の気持ちが添えられています

 

弊社アキタ建設も災害後すぐ現地へ入り

除染作業等の業務に尽力を注ぎました

 

 

自然災害の発生は誰にも止める事ができません

災害発生時いかに助け合うか

被害を最小限に抑えるしっかりとした建物を作れるか

 

アキタ建設はアキタ建設にしか出来ない事で

これからも皆様のお役に立てると確信しています

 

今後も自然災害への不安は尽きません

何もない日常を過ごしている今だからこそ

災害への備え・避難や連絡手段などを

しっかりと整えていきましょう

 

 

改めて震災で犠牲になった方たちのご冥福をお祈りするとともに

被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA