建設会社で働くってどんな感じ? その1

家族や知人から良く聞かれます

「建設会社の仕事はきつくない?」

みなさんは建設会社の仕事にどの様なイメージを持っていますか?

 

私は過去オフィスや店舗での営業しかしていないので

すごくドキドキしながら

転職初日を迎えた事をよく覚えています笑

 

建設業の3K

・危険

・きつい

・汚い

 

もちろん覚悟していました笑

ですが実際に働いてみると見事にいい意味で裏切られました

 

まずは「危険」ですが

平日の営業活動が出来ない日は

全て現場に入らせてもらい

勉強の日々を送っておりますが

危険と感じる事は今のところありません

 

この表をご覧下さい

 

 

昭和29年から令和2年までの

全国の労災件数推移表です

昭和47年を境に右肩下がりに

労災が減っているのが分かります

 

理由はこの年の6月に

「労働安全衛生法」

が施行されたからです

 

現場での安全に関するルールや設備は日々進化を続け

素人同然の私ですら

現場でヒヤッとする思いをした事がない程です

一年を通してみると前職の車屋さんの時の方が

社員のケガや労災の話が多かったと感じる程です

 

現場ではスタッフ全員が一歩間違うと危険に繋がる仕事をしていると自覚しているので声掛けや気遣いがとても良く出来ている印象です

会社や業務内容関係なく同じ現場内にいる人同士がお互いの安全に気遣いをしています

 

先日私が慣れないフルハーネス(墜落制止用器具)を付けて現場を歩いていると足場の職人さんに呼び止められ無言でベルトを締めなおしてくれました

その場にいる全員が自分だけでなく仲間の安全も気にかけているこの環境が一番の安全対策になっていると感じました^^

文章が長くなるので続きはまたの機会に掲載しますね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA