リノベ人気に拍車が掛かる!?

最近ニュースで世界的に木材が不足している「ウッドショック」という言葉を良く見かけます

昔で言う「オイルショック」の木材版ですね

アメリカで新型コロナウイルスの感染拡大によりテレワークが普及した上、巨額の経済対策と低い住宅ローン金利を追い風に一戸建てなど住宅の需要が急拡大した事がきっかけです!

少しニュースを深堀してみると、家を建てたりする時に使用する木材の7割~8割を輸入に頼っている日本では今後住宅建築の価格にも大きな影響が出ると書いてありました

現時点(2021/07/15現在)でも木材の価格が2割程度上昇しているそうなのですが、今年の9月頃にはウッドショック前と比べて約2倍まで値上がりする予測との事・・・

もちろん木を使うのは家だけではありませんが、一番身近で一番高価な物だけにこれから建築を考えてる方にはなんとも頭の痛い問題ですよね

もちろん私も建築の仕事をしている身なのでこのニュースは見逃せませんでした

木材の値上がりかぁ・・・あれ?待てよ?

新築を建てる場合には柱や梁など非常に沢山の木材が必要です。ですが我々リノベーションをしている会社はどうでしょう?もちろん多少の木材は使用しますが、ほぼ値上げの影響を受けない事が予想されます

最近ニュース等でリノベーション人気・需要拡大の話を聞いたばかりでしたので、もっともっとリノベーションの依頼が増えるといいなと感じた今日この頃でした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA