マンション補修現場に密着!!その2

前回の記事では傷んだコンクリの補修から加圧によるクラック補修までを掲載しました

今回の記事では完成までの流れと、屋上の防水施工現状確認の様子をお届けします♪

まずは屋上防水の状況を撮影してみましたのでご覧下さい!

このマンションの屋上防水シートは本来「白っぽい色」だそうです・・・

ですがどう見ても「黒い」ですよね!触ると指にも色が付いちゃいます

屋上防水のシートは日照や雨の腐食劣化によって表面のコーティングが剥がれ黒くなります

これでも防水の効果自体はまだ存在します

ですが、ここから少しずつシート自体は収縮を始め壁面と隙間が出来てきます・・・

そなると隙間から侵入した雨水が雨漏りの原因となってしまうのです。

その他にも

「コーキング」と呼ばれる隙間を埋める剤も激しく劣化して部分的には完全に無くなっていました

普段なかなか屋上に上がる事もないと思います!ましてや上がっても普通の方にはそれが正常なのか異常なのかを見極めるのは難しいケースも多く見受けられます!

マンション・アパートの防水施工無料見積も是非お気軽に「アナザーウェイ」へ♪

宣伝を挟んだ所で廊下のクラック防水補修の完成までをお届けします!!

不要な部分に塗料が付かない様にしっかりとマスキングを行い、職人さんが丁寧に塗って行きます♪

しっかり塗装が乾燥したら紫色のマスキングテープを剥がして完成!!

完成現場をお施主様に確認頂きましたが大変喜ばれ、これで入居者の方も安心されるとのお言葉を頂きました♪

建設会社は大きな建物を施工するイメージが強いのですが

既存の建物を大切にケアする事も重要な「責任」と考え日々頑張っています^^

最後までご覧頂き有難うございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA