無垢にこだわったリノベーション 山口県周南市リノベーション・リフォーム 住み替えするならアナザーウェイ

LDK before

LDK before

LDK after

LDK after

LDK after

LDK after

杉ってどんな木材かご存知でしょうか?

古くから、日本を代表する木材である杉は、素材が柔らかく足にフィットする質感が好まれ、値段もお手頃なのでフローリング材としてよく使われます。

木目は鮮明で、明るめの色合い、縦方向に割れやすく、まっすぐな木目が好きな方におススメです。

また、構造部材や造作材、建具など建築用材として広く使われています。縦割りが容易なことから、割りばしなどにも利用されています。

欠点としては、柔らかい素材のため、そったりへこんだりすることがあります。

素材の特徴を理解して、お好みのリノベーションで空間コーディネイトを楽しみましょう。

キッチン before

キッチン before

キッチン after

キッチン after

キッチン after

キッチン after

メンテナンス性に優れたフローリング材ってどれ~?

野球のバットにも使われるタモ材は、硬いのが特徴です。硬い素材はフローリングには向かない、と思われがちですが、メンテナンスも容易で好んで使われる方も多くいらっしゃいます。

フローリングは、年月が経ちますとギシギシ音がすることもありますが、タモ材の場合、硬い素材のためその心配も幾分軽減されるでしょう。

大きな特徴としては、鮮明な木目でデザイン性に優れている点、また、濃いめの色合いで重厚な仕上がりになりますので、別荘などのウッド調な雰囲気がお好きな方におススメです。

強固な材質なので、家具や建具などの建築用材から、ラケットやスキー板などのスポーツ用品にも使われます。

メンテナンス性に優れていますので、ペットとお住まいの方にもおススメでしょうね。

洗面 after

洗面 after

階段 after

階段 after

リビング階段のデメリットってどんなところ?

リビング階段は、吹き抜けとなるため、2階のお部屋のドアを開けっぱなしにすると、リビングとの境がなくなるのがデメリットと言えるでしょう。

例えば、リビングから、あるいは子供部屋からの音がつつぬけになったり、キッチンで料理をしていると、料理の匂いが伝わってしまい、デメリットになることがあるでしょう。

また、空調管理が難しく、冷暖房の効率が悪くなるのも、リビング階段のデメリットと言えます。夏は、冷房で冷たい空気は重く下へさがってしまい、逆に冬は暖房で温めた空気は軽く上へ上がってしまうからです。

空調管理の対策としては、1階または2階にカーテンやロールスクリーンを設置するといいでしょう。

あなたのライフスタイルにあわせた、空間コーディネイトを楽しみましょう。

階段 after

階段 after

場所ごとに塗り方を変えて、違う印象を楽しむ!

自然素材の漆喰や珪藻土で壁をリノベーションすると、実際どんなイメージになるのでしょう?

自然素材を使うことにこだわり、壁面は漆喰や珪藻土、床は無垢のパイン材にしては如何。

珪藻土もリビングではつるっとした質感に仕上げると、すっきりとしたモダンなイメージになります。

廊下ではきっちりと塗り跡を残して、ざらっとした質感で無骨なビンテージテイストが楽しめます。

壁紙と違って塗り方を選んで変化を楽しめるのも、漆喰や珪藻土のいいところです。

最近では、材料の調合が必要なく、クロスの上からでも塗ることができる商品もあり、扱いやすいのが人気の秘密です。

暮らしの質をグレードアップさせるリノベーションで、住み心地のいい住まいを楽しみましょう。

 

中古住宅 + リノベーション (住み替え)するならアナザーウェイ! もちろん 新築住宅もお任せ下さい。

アナザーウェイでは不動産業 建設業には少ない中古住宅+リノベーションをワンストップ (1社完結) で提供出来る会社です。

資金計画 難しい銀行融資手続き 中古住宅探し リノベーション設計 施工 火災保険手続き抵当権設定登記手続き アフターフォローまでさせて頂きます。

リフォームするだけではなく不動産探し(中古住宅・土地)をしてお客様の希望通りのイメージやデザインを一緒につくりあげます。

もちろん 新築住宅の場合も土地探しからお手伝いさせて頂きます。

 

お困り事は ございませんか? アナザーウェイまでお気軽にお問い合わせください。

【対応エリア山口県全域】

下関市、 宇部市、 山口市、 防府市、 周南市、 下松市、 光市、 柳井市、 岩国市

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA